スポンサーリンク
スポンサーリンク

【初めて恋をした日に読む話】雅志がいい奴すぎて切ない!いとこじゃなけりゃ…

スポンサーリンク

2019年1月クールドラマ「初めて恋をした日に読む話」。女性を中心に評判となりましたが、3月19日についに最終回を迎えました。

9話では春見先生が交通事故に遭うという衝撃的な展開がありましたが、後遺症もなく無事に退院。ユリユリとも結ばれましたね!

その一方で、失恋をしてしまった雅志。うーん、なんとも切ないです。こちらの記事では、そんな雅志をフィーチャーします。

スポンサーリンク

雅志がいい奴すぎて切ない「初めて恋をした日に読む話」最終回

八雲雅志は、当ドラマの主人公・春見順子の従兄弟で幼馴染。しかし、順子にずと片想いをしており順子と付き合いたいと思っていながらも、なかなか自分の気持ちを伝えられずにいました。

ですが、自身のロシア行きが決定したタイミングでついにプロポーズ!

1度は、前向きに考えてみると言った順子でしたが、結局順子が出した答えはノー。雅志のことは好きだけど、恋愛感情ではないとのことでした。

関連記事→【はじこい】最終回予想!ゆりゆりと順子は結ばれるのかを考察

雅志が順子にフラれてしまうのは予想ついていましたが、やはりこの結末は切ないですよねー。雅志はガチで順子のことを想っていましたから、順子と結ばれて欲しいという思いも正直ありました。何より、めちゃくちゃくいい奴です!

順子からプロポーズを断られてしまった時も、その人柄の良さが炸裂。順子に対し「フラれても、順子の隣にいれた俺は幸せ者」と笑顔で言ったのです。

雅志よ、あんたも幸せになってくれ…!!

このドラマを観ていた視聴者の誰もがそう思ったのではないでしょうか。実際、”早急に雅志に幸せを”や”雅志もゆりゆりも山下くんもみんな良い人。だからまた切ない。”といった最終回を視聴された方のツイートがありました。そうなんですよね、雅志はもちろん、「初めて恋をした日に読む話」に出てくる男性陣ってみんないい奴なんですよね。だからこそ、失恋が切ないっす。。

中でも、雅志はいい奴過ぎますね。一方的に片想いをしていたとはいえ、フラれてすぐにこんなこと言えますか?しかも、順子は自分よりも一回り以上年下の高校生に恋をしていることを知っていながらこれが言えるとかいい奴過ぎますよ、ほんとに。

でも、恋愛ドラマでいい奴過ぎるって、結局最終的に失恋するんですよね。。

とは言え、雅志がもし順子のいとこじゃなければ2人が結ばれていた可能性もあるのではないかという気がします。そこで、もし雅志がいとこでなかったとしたら結ばれた可能性がどれくらいあるのかを考えてみましょう。

いとこじゃなければ結ばれた?

雅志からプロポーズされた時、順子は迷いました。なぜなら、雅志を恋愛対象として見たことは1度もなかったからです。雅志からのプロポーズの後、雅志からレストランでの食事に誘われた順子は「どうしよう。雅志が男の人みたい。。」と言いました。このセリフから分かるように、雅志を少しでも異性として意識している自分に戸惑いを隠せなったのです。

つまり、順子は雅志がいとこであるという先入観にとらわれていたことになりますよね。それが、プロポーズを断った原因にも繋がっています。雅志のことが好きだけど、それはあくまでいとことしてであり、異性としての好きではないというのが順子の出した答えですから。

ならば、順子と雅志がいとこという関係ではなく、普通の男女として知り合っていたらどうでしょうか?

順子はレストランでの食事の際、戸惑いを感じつつも「誘ってくれて嬉しかった。」と言っています。雅志と付き合うことがまったくもってあり得ないと考えていたなら、ここで嬉しいという感情は出ないのではないでしょうか。少なくとも、1度は雅志からのプロポーズを受けるか考えたわけですしね。

結局、考えた結果プロポーズを断った順子でしたが、順子が雅志からのプロポーズを受けるか否か真剣に考えたのは事実。ということは、雅志と順子が結ばれる可能性はゼロではなかったのではないかと個人的には思います。

続編が無理だったとしても、スピンオフとかで雅志の後日談とかやって欲しいですね。もちろん、その時は雅志が幸せになる方向で…!

まとめ

今回は、「初めて恋をした日に読む話」の最終回を受けて、雅志をフォーカスしてみました。雅志の失恋シーンは何度見ても切ないです。彼があまりにもまっすぐすぎるので余計切ないんですよね。

ユリユリもめっちゃまっすぐで純粋なんですけど、「初めて恋をした日に読む話」の登場人物はみんなまっすぐです。でもそれが「初めて恋をした日に読む話」の魅力だと思います。切ない部分も含めて。

とにかく、きゅんが止まらないいいドラマでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク