スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐藤健は演じ分けの天才!クールな役からかわいい笑顔も魅力

スポンサーリンク

「恋はつづくよどこまでも」(恋つづ)が評判となった佐藤健さん。ドSでクールだけど優しい天堂先生を見事に演じていましたね。「恋つづ」は文句なしで佐藤健さんの代表作となりました。

これはもちろん、佐藤健さんの演技力があってこそ。ですが、役者・佐藤健の魅力は「恋つづ」だけではありません。

そこで今回は、これまで佐藤健さんが演じてきた役を振り返るとともに、役者・佐藤健さんの魅力についてみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

天堂先生の魅力

もはや佐藤健さんを語る上で「恋つづ」の天堂先生は欠かせません。

天堂先生は普段は毒舌でドSで七瀬(上白石萌音)にも容赦ないのですが、豪快にキスをしたり甘い言葉も言うなどまさしくツンデレ。キスをしたあと「これは治療だ」と言ったり(4話)病院の仲間たちの前で「俺の彼女だから」と堂々と公言したり(5話)胸キュン要素満載でしたね。どのシーンも魅力にあふれています。

関連記事→【恋つづ】未公開も見どころ満載!スタッフの佐藤健愛が半端ない
関連記事→【恋つづ】天堂先生の名言・名シーンまとめ!キスのキュン度が半端ない
関連記事→恋はつづくよどこまでも 5話の天堂先生まとめ!「俺の彼女だから」
関連記事→恋はつづくよどこまでも 佐藤健のキスシーンが評判!治療だは反則w
関連記事→恋はつづくよどこまでも 天堂先生が遂に七瀬に堕ちた?表情に変化が
関連記事→恋はつづくよどこまでも 2話の天堂先生まとめ!ツンデレがたまらん
関連記事→恋はつづくよどこまでも ウォズと電王の共演!天堂の魔王は確信犯w

佐藤健さんは元々クールなイメージが強かったので、天堂先生のようなクールな役ははまり役ですよね。天堂先生は佐藤健の真骨頂と言っても過言ではありませんね。

しかし、ただクールというわけでもありません。七瀬を意識する瞬間などの繊細な場面でも、表情の変化で天堂先生の心情の変化を見事に表現していました。

「恋つづ」はこれぞ漫画という世界観なので好みが分かれるかと思いますが、その中でParaviの再生回数がTBS史上最高となる368万回を記録するという大ヒットとなったのも、やはり佐藤健さんの演技力の高さからでしょう。

クールな役からかわいい笑顔の役まで演じ分ける佐藤健

「恋つづ」でクールな役=佐藤健を改めて確立した佐藤健さん。ですが、佐藤健さんの演技力はクールな役だけではありません。

「恋つづ」と同枠で2018年に放送された「義母と娘のブルース」では、チャラくてノリが軽いパン屋の店主・麦田を好演。かわいい笑顔が印象的でしたね。天堂先生とは違う魅力があります。

社会人としてはダメダメな麦田でしたが、ハイテンションな麦田のかわいい笑顔に毎週癒されていた方も多かったはず。佐藤健さんの好演のおかげで麦田は憎めないキャラでよかったですね。

また「仮面ライダー電王」では、主人公・野上良太郎(佐藤健)を熱演。人格が違う4人のイマジンを見事に演じ分けていました。

他にも「半分、青い。」では病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(すずめ)を支える萩尾、大河ドラマ「龍馬伝」では岡田以蔵、映画「るろうに剣心」では緋村剣心を見事に再現しました。

このように、佐藤健さんは「恋つづ」のようなクールな役から「ぎぼむす」のような軽くて人懐っこい役まで色んな役を演じ分けることができます。正反対の役をここまで演じ分けられる佐藤健さんは演じ分けの天才ではないでしょうか?

ドSな表情からかわいい笑顔まで役の中でも様々な表情を見せてくれる佐藤健さん。今後も色んな表情を見せて欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク