スポンサーリンク
スポンサーリンク

【隕石家族】結末はパラレルワールド?最終回のオチを考察してみた

スポンサーリンク

2020年春ドラマ「隕石家族」。春ドラマは多くがコロナの影響で放送がストップしてしまいましたが、「隕石家族」はすでにクランクアップしていたので最終回まで中断することなく放送できました。

こうして、当初の予定通り5月30日に無事最終回を迎えた「隕石家族」でしたが…

結局、隕石は地球に衝突したのか!?

謎が残る最終回でしたね。というわけで、結末を考察してみます。

出典:https://twitter.com/masaki_nakao_/

スポンサーリンク

「隕石家族」最終回 結末はパラレルワールドなのか

1度は反れたものの、再び地球に衝突する軌道となった隕石。その後、ルートが変更されることなくついに地球最後の日を迎えてしまいました。門倉家は家族で最後の瞬間を迎えます。

そして、ついに来た最後の瞬間。映像を見る限り、隕石は衝突したように思われました。

その直後、「広い宇宙には地球と似たような星、家族がある」とママ(羽田美智子)のナレーションが。パラレルワールドを連想するようなナレーションでしたよね。

しかし、番組内では「もう1つの結末」というテロップが表示されCMを挟みほんとのラストシーンへ。すると、ママが「地球に再び衝突する」という情報をラジオで聞いて「また~?」と言っています。

これはつまり、隕石は落ちなかったってことでしょうか?

この結末はいくつか可能性が考えられます。1つは前途したように、隕石が落ちなかったこと。もう1つは、ラストに出てきたママは地球と似たような星に存在している別の家族ということ。どちらとも取れますね。

ただ「また~?」というセリフから、パラレルワールドではなく隕石が落ちなかった可能性のが高い気もします。

関連記事→隕石家族 パパはキャプテンに復讐目的で近づいた?ドロドロ感がたまらん

パラレルワールドなのか否か。。視聴者の想像にお任せな結末となっていました。

考察まとめ

今回は、「隕石家族」最終回の結末について考察してみました。相当視聴者にお任せな結末でしたので、色んな考察があると思います。

結末は謎でしたが、最終回まで面白いドラマだったと思います。予想以上に楽しめました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク