スポンサーリンク
スポンサーリンク

【警視庁アウトサイダー】小ネタ満載で面白い!トリックのオマージュも

スポンサーリンク

2023年冬ドラマ「警視庁アウトサイダー」。1月5日に1話が放送されました。

「警視庁アウトサイダー」というタイトルで分かる通り、刑事ドラマなのですが、ちょくちょく小ネタがあってなんかコントみたいでしたね。

その小ネタ満載の理由とは…?

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

トリックなど小ネタ満載の「警視庁アウトサイダー」

序文で触れたように、1話から小ネタが満載でした。中でも、「警視庁アウトサイダー」同様テレ朝の刑事ドラマ「トリック」の矢部謙三や石原刑事らしき人物が出てきたのには笑いました。

これ、トリックと同じ世界線なのか?笑

しかし、なぜこんなコントチックな小ネタが出てくるのか。それもそのはず、「警視庁アウトサイダー」1話の演出を担当したのはあの木村ひさしさんなんです。と言っても、木村ひさしさんて誰?と思う方もいますよね。

木村ひさしさんは「トリック」の監督をしていた方で、堤幸彦さんの弟子的存在でもあるのです。そのため、演出の作風が堤幸彦さんと似ています。

トリック以外にも「警部補 矢部謙三」「99.9-刑事専門弁護士-」「ATARU」など数多くの作品を演出してきました。これらの作品にも小ネタが出てきましていて、例えば「ATARU」では堤幸彦さんが演出を務めた「SPEC」の登場人物である当麻と瀬文らしき人物が登場してましたね。

関連記事→【警視庁アウトサイダー】藤原わんちゃん生きてる?予想まとめ
関連記事→【警視庁アウトサイダー】蓮見父の冤罪を考察!警察や政治家が絡んでる?
span class=”bold-red”>関連記事→警視庁アウトサイダー 2話も小ネタ祭り!沢口靖子ハンパねぇは草
関連記事→【警視庁アウトサイダー】見逃し動画配信サイトは?無料視聴方法なども

このように、木村ひさしさんは堤幸彦さん同様、小ネタを取り入れる天才です。ですので、今回の「警視庁アウトサイダー」でもトリックのオマージュをしたのでしょう。

最終回までその小ネタ才能を存分に生かしてくれそうですね。楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク