スポンサーリンク
スポンサーリンク

広末涼子がAVで復帰?W不倫での賠償金に驚愕!薬物疑惑や枕営業の噂も

スポンサーリンク

ドラマ『聖者の行進』や映画『WASABI』など数多くの作品に出演してる女優・広末涼子さん。かつてはアイドル的存在でもあり、日本を代表するタレントと言ってもいいでしょう。

そんな広末さんですが、プライベートでは結婚、離婚、そして最近では不倫報道とよくない報道もありました。さらに、AV出演で復活の可能性説まで出てきています。

今回は、その真相やW不倫での賠償金、過去の薬物疑惑や枕営業の噂についてみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

広末涼子に薬物疑惑?

幼少期より芸能界への憧れを持っていたという広末さん。1994年、雑誌で見つけたCMオーディションに応募し、第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞。翌年、クレアラシルのCMでデビュー、『ハートにS』でドラマデビューを果たしました。

1996年に出演したNTTドコモポケベルのCM「広末涼子、ポケベルはじめる」で一躍有名に。竹内まりやさんがプロデュースしたデビュー曲「MajiでKoiする5秒前」は約60万枚のヒットを記録し、ファンクラブ「RHフレンドル」も発足するなど国民的存在となりました。

そんな中、2001年に俳優の金子賢さんとの交際が発覚。

当時、ドラマ「できちゃった結婚」の主演を務めていた広末さんですが、金子さんと東京・西麻布のクラブで朝まで遊び明かした後、そのまま同ドラマのロケ地である千葉・白浜町まで、タクシーで直行。4万円分も無賃乗車をしたことが「フライデー」で報じられたのです。

その2年後には、モデルの岡沢高宏さんとの結婚と自身の妊娠を発表。お二人は、クラブで知り合ったと言われています。

岡沢さんとは2008年に離婚していますが、金子さんと岡沢さんは関東連合とつながりがあるという共通点がありました。

広末さんといえば、「灰皿プレイ」と言っても過言ではないほど。広末さんは金子さんと交際している間に手を染めてはいけないメディシンに手を出してしまったとそうです。

とある日、メディシンが無くなったため追加分を貰いにそのクラブへ行った際、金子さんや関東連合のメンバーから「メディシンが欲しければ灰皿にう◯こしろ!」と命じられ、広末さんは言われるがままテーブルの上に置かれた灰皿にう◯をしてメディシンを懇願したのだとか。

清純派で売っていた広末さんのイメージが一気にワイルド系になってしまう衝撃的な話ですね。

その後、広末さんの奇行が週刊誌でも賑わいました。

前述したタクシー代金を無賃乗車に加え、
・西麻布で路上に座り込み写真が流出
・大学在学中のレポートも文面がメチャクチャで普通では考えられないレポートだった
・カメラの前でいきなり号泣し出す
など、衝撃的な事実が判明した広末さん。

それは関東連合との付き合いが増え、薬漬けになってしまったのではないかと言われています。すでにヤク中で逮捕間近なんていう噂も広まっていました。

もっとも金子さんが覚せい剤の使用疑惑のある方。状況的には薬物を手に入れられる状況にあったのは事実のようですね。

実際、広末さんは、番組の収録にフラフラになって現れたという噂もあります。

ただ、広末さんが薬物中毒であるというのはあくまで状況から出た噂に過ぎません。逮捕されないのは、やはり潔白だからなのかもしれませんね。

枕営業をしていた?

かつてアイドル女優として人気を得た広末さんですが、枕営業をしていたという説もあります。

これは、広末さんと共演した中尾彬さんが広末さんを食事に誘ったら時のこと。広末さんは、「今、生理中で出来ないんですけどそれでもいいですか?」と言い出したそうです。

それを聞いた中尾さんは「枕営業しているのか」と怒ったとか。

当時、広末さんは20歳で既に売れっ子でしたので、枕営業をする必要があったのか?という疑問はあります。ですが、枕営業をしていたから当時の人気があったとも考えられますね。

その証拠として、別の噂がありました。

2001年、リュック・ベッソン監督のフランス映画「WASABI」でフランスの名優・ジャン・レノさんと共演した広末さん。この映画は、広末涼子さんがフランスまで行って、監督のリュック・ベッソンと一緒に暮らし枕営業をしたことで勝ち取ったと噂されています。

しかし、広末さんの演技や語学力に不満を持ったリュック・ベッソンはなんと途中で降りてしまい監督が変更。

この作品の舞台挨拶で泣き出したことで「プッツン女優」と噂されるようになった広末さんですが、リュック・ベッソン監督に捨てられたショックから泣き出したのでは?と言われているのです。

広末さんご本人は「単純にあの時は、こんなに素敵なスタッフが一生懸命にいい作品を作ったのに、日本のマスコミの人たちの質問がすごく残念な内容で悲しくなってしまった」と語っており、枕営業はあくまでも噂レベルの話。

ただ、映画評論家のおすぎさんが広末さんについて「何でも広末涼子さんって偉い人と寝るといい仕事をもらえるってやり方で来てたんで、それがフランスでもアメリカでも通用すると思っていたらしく、あの子は世間知らずのかわいそうなバカな子なのよ。」と力説したこともありました。。

当時の業界内では広末さんだけでなく、女優さんは役を獲得するために枕営業をするのは普通だったのかもしれませんね。

W不倫での賠償金がヤバい?

2010年10月9日、キャンドルアーティストのキャンドル・ジュンさんとの再婚を発表した広末さん。岡沢さんとの間に1人お子さんがいますが、キャンドルさんとの間にも2人お子さんがいます。

その13年後の2023年6月、「週刊文春」電子版が広末さんと鳥羽周作さんのW不倫が報じました。

鳥羽さんと言えば、ミシュラン一つ星シェフで、東京・代々木上原にある人気レストラン『sio』のオーナー。2011年に33歳で小学校教員と結婚し、2児をもうけています。

お二人の出会いは、2021年の『バァフアウト!』という料理雑誌の対談でした。その後、2023年3月からお二人は急接近。

文春の報道によると、広末さんは「sio」で度々目撃されていたようです。

そして、6月3日に都心の高級ホテルで密会していたとのこと。

お二人は不倫を否定していましたが、報道では、
・二人は会うとき必ず鳥羽さんのレストランスタッフと同行していた
・個室で食事をした後は広末さんは裏口から、鳥羽さんは正面から店を出るなどしていた
・ホテルで二人が会った際、鳥羽さんはチェックイン・アウトは必ず付き添いを呼び出していた

このような情報も書かれていました。普通の友達では説明がつきませんね。

さらに、お二人が秘密にやり取りしていたLINEや手紙、交換日記のやり取りが流出。W不倫は確定となりました。

結果、広末さんは芸能活動の無期限停止を余儀なくされます。広末さんを起用していたテレビ局やCM企業なども対応に追われることとなりました。

CM契約するエドウインは、「これまで露出していたCMなどの制作物は、削除および撤去する形で進めている。店頭の制作物は多少時間がかかるが、順次対応していく。今後の契約は明日以降、協議していくことになる」とコメント。広告を掲載していた日本和装も画像などを削除しています。

広告関係者は、損害賠償について「広末さんクラスの契約金は1本3000万円ぐらいなので、契約内容次第だが合わせて1億円以上にはなるのでは」と推測。さらに、製作延期となった主演映画が中止になった場合も「数千万円には上るだろう」と話していました。

もっとも、広末さんのCM出演料は「1本約5000万円」とされており、契約条項によっては賠償金を請求される可能性もあるとか。それに加え、もちろん広末さん自身も活動休止で打ち切られた仕事もあります。

女性ファッション誌「STORY」を発行する光文社は、2021年に開始した広末さんの連載エッセー「毎日が3兄弟ママで、女優。」の休止を発表。子育てもつづる内容で、3児の母として昨年の「ベストマザー賞」を受賞するなどママタレとして絶好調だっただけに、不倫とのギャップは大きな代償を生んだようですね。

こちらの連載休止も含め、広末さん自身も総額2億円の仕事を失ったとのことです。

AVで復帰か

そんな広末さんですが、AV出演でセクシー女優の転身説が囁かれています。

なぜこのような噂が出たのかと言うと、前述したように広末さんは現在謹慎中。また、7月にはキャンドルさんとの離婚を発表。これにより収入がほとんどなくなってしまうため、場合によってはかなりの借金を背負うことにもなりかねません。

子供の親権は広末さんが持っていますので、お子さんにかけるお金も必要となりますからなおさら生活が苦しくなりますよね。謹慎が解けたとしても、今回の不倫報道でイメージはガタ落ち。今までのように仕事が入らず芸能界から干される可能性もゼロではありません。

こういった状況から、広末さんのAV出演説が囁かれているのです。

しかし、いくら闇落ちしたとはいえ、元々は国民的存在。この可能性はそれほど高くはないのではないでしょうか。

同じく不倫で活動休止となった東出昌大さんや東出さんの不貞相手だった唐田えりかさんは、現在民法の連ドラ出演はありません。ですが、Netflixの作品には出演している共通点があります。

そうなってくると広末さんもやはり、Netflixなど配信空まで女優業に復帰する可能性はありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク