スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エルピス】真犯人の若いロン毛の男は副総理の息子?3話の予想まとめ

スポンサーリンク

2022年秋ドラマ「エルピス」。

11月7日放送の3話は、2話の冤罪事件の続きです。12年前の連続殺人事件を彷彿とさせる事件が発生したことをきっかけに、その12年前の事件を改めて調べ始めた恵那(長澤まさみ)は、12年前の事件は冤罪の可能性があることに気づきます。

その中で事件当日、被害者の女子生徒と若いロン毛の男を見かけたという目撃証言があったにもかかわらず、それがなかったことにされていたのが判明。

その若いロン毛の男が真犯人なのでしょうか?

今回は「エルピス」3話の予想をしていいきます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「エルピス」3話予想!真犯人の若いロン毛の男は副総理の息子か

おそらく、12年前の事件の真犯人は若いロン毛の男でしょう。その若いロン毛の男は上級国民で、権力者の息子。それを隠蔽するために松本良夫死刑囚(片岡正二郎)は犯人にされてしまったのだと思われます。

つまりこの事件は捜査ミスとかではなく、意図的な冤罪。

では、その若いロン毛の男。これが具体的に誰かということですが…。真犯人が権力者の息子で、それを隠ぺいするために別の人間が犯人にされてしまうという展開はよくありますよね。例えば、「エルピス」と同じく関テレ制作で2010年に放送された菅野美穂さん主演「ギルティ」もそうです。

関連記事→【エルピス考察】瑛太はアサベショウジ?店が貸店舗になってた理由は
関連記事→【エルピス】瑛太はミスリード?真犯人と思わせて重要参考人とか
関連記事→【エルピス考察】斎藤はやはり黒?村井は味方だよね?
関連記事→【エルピス考察】手紙はガセではなかった?斎藤は本物と気づいてた可能性も
関連記事→【エルピス考察】チェリーは自殺?他殺?真犯人知ってる可能性も

ということでここまではベタな展開ですが、その若いロン毛の男は1話に登場した副総理の息子ではないでしょうか。副総理は斎藤(鈴木亮平)と親密な関係のようですし、副総理の登場は伏線である可能性が十分にあると思います。

そこに副総理と斎藤の関係というのも展開に生かされていきそうですね。この2人の関係は3話以降でも描かれていくと予想しています。

今回は「エルピス」3話の予想をしてみました。エルピス、地上波のドラマにしてはかなり攻めてますね。とても面白いです。

3話も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク