スポンサーリンク
スポンサーリンク

グッドドクターが泣けると評判!山﨑賢人の演技力の高さも痛感

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大により、初回の放送が延期となった「アンサング・シンデレラ」。代わりに2018年の夏に放送された山﨑賢人さん主演の「グッドドクター」が再放送されることとなりました。

放送当初から泣けると評判だった「グッドドクター」ですが、再放送で改めてそのクオリティが評価されています。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

泣けると評判の「グッドドクター」

「アンサング・シンデレラ」の初回放送延期と伴い急遽再放送されることとなった「グッドドクター」ですが、1話の再放送終了後、何度見ても泣けるという感想が多く出ました。

「グッドドクター」は2018年のドラマでそこまで古井作品ではないため比較的記憶に新しいはずですが、それでも泣けると評判となるのはすごいですね。初見ではない方が億ストーリーを覚えている状態で改めて泣けるというのは本物です。

1話では、検査で筋肉腫の再発が判明してしまった少年・将輝を中心としたストーリー。退院が間近と思われていた矢先に再発が判明し再手術と入院生活の延長を余儀なくされてしまった将輝に対し、その事実をストレートに躊躇なく言ってしまった湊(山﨑賢人)。

そんな湊の行動に将輝の母親は激怒してしまいます。退院して学校へ行くことを楽しみにしていた将輝にとって、この事実が残酷であることに言うまでもありませんでした。

ですが、将輝が退院を楽しみにしてた理由はそれだけではありませんでした。母親の誕生日を自宅で祝いたかったのです。

湊は母の誕生日を祝いたい将輝のために絵をレクチャー。そして、湊は将輝の緊急オペが必要と判断し、結果将輝は助かりました。

息子を助けてくれた湊にお礼と失礼な言動をした謝罪を言うシーンも泣けるのですが、それに対して「自分は普通じゃないから慣れてる」と言う湊もまた泣けるんですよね。。ここに関してはちょっと切ないんですが。

また、1話の時点では湊を否定する高山先生(藤木直人)ですが、これにも大きな理由があります。ネタバレになるため今回はあえて詳しく言いませんが、その理由もまた泣けます。というか、それを分かった上で観ると全然印象も違ってきますね。

山﨑賢人の演技力の高さも評判

ドラマ自体も評判でしたが、湊役の山﨑賢人さんの演技力の高さも評判となりました。これも「グッドドクター」の見どころの1つです。

港という役が素敵なわけですが、それも山﨑賢人さんの演技力の高さあってこそ。いくら登場人物が素敵で脚本がよくても役者の演技力がないと視聴者には伝わりません。

その点、山﨑賢人さんの演技力の高さは抜群でした。改めて、山﨑賢人さんの魅力にも気づかされますね。

「グッドドクター」の再放送はあくまで緊急対策と思われますが、「アンサング・シンデレラ」の放送に伴い枠移動になったとしても「グッドドクター」の再放送も最終回までしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク