スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈴木亮平のプロフィールまとめ!経歴や結婚相手・英検・代表作など

スポンサーリンク

朝ドラ「花子とアン」などで知られる俳優・鈴木亮平さん。その演技力は多くの方から評価されており、日本を代表する俳優の1人です。

2021年春ドラマ「レンアイ漫画家」では民放連ドラ単独初主演を果たすこととなりました。

今回はそんな鈴木亮平さんのプロフィールをまとめていきます。経歴や結婚相手・身長・英検・代表作などをみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

鈴木亮平のプロフィール・経歴や身長・代表作は?

鈴木亮平

本名
鈴木亮平
別名
友近亮平
生年月日
1983年3月29日
年齢
38歳
血液型
A型
出生地  
兵庫県
身長
186cm

鈴木亮平さんは、1983年3月29日生まれの38歳、兵庫県西宮市出身出身です。所属はホリプロ。見た目もかっこいいですが、身長も186㎝と高身長でいいですね。

次に経歴です。小学校高学年の頃にアニメを観て声優に憧れ、中学校時代(西宮市立今津中学校)には映画を好きになり俳優になりたいと思うようになったという鈴木亮平さん、大学(東京外国語大学外国語学部)では演劇サークルに入り最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意したとのこと。

2006年、演技学校アクターズクリニックに所属し、俳優であり映画監督の塩屋俊氏の下で演技を学び、同年7月にテレビドラマ「レガッタ〜君といた永遠〜」で俳優デビューを果たします。

ちなみに、プロフィールにある別名義「友近亮平」は、彼がモデルをしていた時の名義です。

その後「逃亡弁護士」や「全開ガール」、「パパドル」など数多くの作品に出演しますが、彼が知名度を大きく上げたのはやはり「花子とアン」でしょう。「花子とアン」で鈴木亮平さんは吉高由里子さん演じるヒロインの花子の夫・村岡英治を好演しました。

ちなみに吉高由里子さんとはその約3年後「東京タラレバ娘」でも共演しており、そこでは吉高さん演じる主人公・倫子の元カレ・早坂哲朗役でした。「花子とアン」が鈴木亮平さんの代表作であることは言うまでもありませんが、「東京タラレバ娘」も代表作といえるでしょう。

鈴木亮平さんの代表作として他に挙げられるのは「テセウスの船」です。「テセウスの船」では連続殺人事件の容疑をかけられた佐野文吾を熱演し、未来から来た息子・田村心(竹内涼真)とのやり取りが感動的でしたね。

映画としての代表作だと「忍びの国」「羊と鋼の森」などがあります。

結婚相手や英検の実力

ここまで鈴木亮平さんの経歴や身長・代表作などプロフィールをみてまいりましたが、ここで鈴木亮平さんの結婚相手や英検の実力についてみてみましょう。

鈴木亮平さんは2011年7月28日に結婚を発表しました。結婚相手ですが、WEB関連会社に勤務していた9歳年上の一般女性。一般女性などで詳細な情報はありませんが、彼が俳優になる前のモデル時代、大学生在学中から8年間の交際期間を経て結婚に至ったそうです。

同年11月17日には女児も誕生しました。

このように仕事、家庭共に順調に見える鈴木亮平さんですが、実は英検1級資格を持っているという実力もあります。

実は高校在学中(兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校))にアメリカ留学をしており、大学(東京外国語大学外国語学部に入学)で英検に1級を取得しました。英検1級は合格率10%を切るとも言われるくらいの難関ですから、それを取得したということは相当のインテリであることがわかりますね。

しかも英検だけではありません。高校時代に「全国高校ドイツ語スピーチコンテスト」の優勝経験もあります。さらには、世界遺産検定1級にもなんと一発合格しました。こちらに関しては、もともと海外旅行も好きだったけど役者業をしているためその時間を確保するのが難しいことから、世界遺産の番組をよく見ていたことが生かされたとのこと。

何が凄いって、鈴木亮平さんは帰国子女とかではないということです。すべて本人の好きという気持ちから発展したというのですからすごいですよね。

まとめ

今回は、鈴木亮平さんの経歴や結婚相手・身長・・英検・代表作などプロフィールをまとめました。

今後も役者として素晴らしい演技を見せてくれるでしょう。期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク