スポンサーリンク
スポンサーリンク

夕暮れに手をつなぐ 方言に賛否?北川悦吏子脚本は令和に合うか問題

スポンサーリンク

2023年冬ドラマ「夕暮れに手をつなぐ」。

「夕暮れに手をつなぐ」は2023年1月17日からTBS系「火曜ドラマ」枠で放送され、脚本は「愛していると言ってくれ」や「ビューティフルライフ」、「オレンジデイズ」などTBSのヒット作を数多く生み出してきた北川悦吏子さん。主演ははTBSの連続ドラマ初主演となる広瀬すずさんです。

それだけに前評判が高かった「夕暮れに手をつなぐ」ですが…実際のところ、北川悦吏子脚本は令和に合うのでしょうか?

ということで、「夕暮れに手をつなぐ」の評判をまとめてみました。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

北川悦吏子脚本は令和に合う?「夕暮れに手をつなぐ」

やはり、時代錯誤と言う感想が結構ありましたね。正直、平成のトレンディードラマ感は否めません。物語の展開自体もですし、テンポ感やヒロインのキャラなど、令和というよりは平成です。

前クールの「Silent」のヒットが記憶に新しいだけに、余計にそう感じてしまう部分もあるかと思います。

関連記事→夕暮れに手をつなぐ 3話予告の帰んなよにキュン!四角関係が気になる
関連記事→夕暮れに手をつなぐ エンディングのダンスが逃げ恥超え?踊りたくなる
関連記事→【夕暮れに手をつなぐ】見逃し動画配信サイトは?無料視聴方法も

さらにこんな意見もありました。

広瀬すずの方言がおかしい?

広瀬すずさんの方言がひどいという意見。確かに、どこの方言?今時、こんな方言使うのか?とか九州の人間ではない私でもちょっと違和感ありました。

おそらく、九州の色んな方言をミックスさせたからですよね。宮崎出身なら宮崎の方言のみにすればもう少し聞きやすかったのではないでしょうか。広瀬すずさん自身は演技力のある方なわけですし。

それに、広瀬すずさんの方言自体は可愛いですし、もったいない気がしました。

このように、方言に違和感があったり北川悦吏子脚本は令和に合うか問題は拭えませんが、なんやかん1話面白かったです。

「夕暮れに手をつなぐ」、最終回まで見続けます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク