スポンサーリンク
スポンサーリンク

【MIU404】小日向文世の演技力の凄さを蒲郡役で改めて痛感する

スポンサーリンク

8月14日放送の「MIU404」8話で小日向文世さんがゲスト出演しました。小日向文世さんは5話にも登場しましたが、8話では事件に関わる重要な役として再登場。

8話放送を受け、Twitterでは「小日向さん」がトレンドに入るほど、その圧倒的な演技力が評判となりました。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「MIU404」小日向文世の演技力が評判

小日向文世さんが演じたのは、元刑事の蒲郡。伊吹(綾野剛)の恩師でもあり、伊吹が刑事を目指したきっかけの人でもあります。

登場した際の蒲郡はニコニコしている気さくなおじさんで、よく見る小日向文世さん。でしたが、それだけでは終わりませんでした。蒲郡は8話で起きた事件の犯人だったのです。

犯罪を犯してしまった時の狂気的な目つきや表情は、冒頭の温厚な雰囲気とはまるで違いました。同一人物とは思えないくらいです。

また、蒲郡は事故により認知症に似た症状も出ていたわけですが、そのボケの演技もまた素晴らしかったです。堀内のギャンブルの話について改めて聴きだそうとする伊吹に対し、自身の発言を思い出せない蒲郡。その直後でも伊吹の呼びかけに応じずおしぼりを開封している蒲郡さんの様子は、まるで小日向さんが本当にボケてしまったのではないか?と思えるくらいリアルでした。

そして、自身が犯人であることを伊吹に打ち明けたシーン。「刑事だった自分を捨てても、俺は許さない。」と鋭い目つきで言ったかと思いきや、「俺は蒲郡さんみたいな刑事になりたかった。誰でもやり直せるんだって教えてくれたじゃん、俺に!」と伊吹に訴えられた時の我に返ったようなはっとした表情は実に素晴らしかったですね。

1時間の中で見事に色んな演技を見せてくれた小日向文世さん。改めて、小日向文世さんの演技力の凄さを痛感しました。

関連記事→MIU404が面白いと評判!カーアクションもかっこいい

「MIU404」もいよいよ終盤です。これから、羽野麦(黒川智花)についても話が進むでしょう。

「MIU404」、9話以降にも期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク