スポンサーリンク
スポンサーリンク

【美食探偵】コロナ対策の演出が評判!舞台感があって悪くない

スポンサーリンク

2020年春ドラマ「美食探偵」。5月17日に6話が放送されました。

春ドラマは多くの作品がコロナの影響で放送が延期されていますが、「美食探偵」は予定通りスタート。6話まで放送することが出来ました。

しかし、ついにストックが切れてしまい7話以降は放送延期となってしまいましたね。

そんな中、6話ラストでの演出が評判となりました。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

コロナ対策の演出が評判となった「美食探偵」

通常とは1部演出を変えて放送しますみたいなテロップが流れたので、もしや…と思ってたらその予感は的中しました。コロナの影響で通常とは異なる演出での撮影方法でのシーンとなっていましたね。いわゆる、3密を避けたソーシャルディスタンスを保った状態でのシーンでした。

本来、演者が距離をあけて演技をするのは不自然となってしまいシーンとして成立しなくなってしまいます。もちろん、キャストやスタッフの安全や感染拡大防止という意味が最大だとは思いますが、対策をしながらでは作品として成り立たなくなってしまうという意味でも撮影をストップせざるを得ないですよね。

関連記事→【美食探偵】中村倫也がかっこいい!君の事も僕が守るにきゅん
関連記事→【美食探偵】マリアの変貌ぶりが評判!明智との掛け合いも面白い
関連記事→【はじこい】ゆりゆりは嫉妬もかわいい!名言・名シーンまとめ
関連記事→【はじこい】ゆりゆりがかわいい!再放送で続編の制作に王手?
関連記事→【凪のお暇】ゴンさんの歌に聴き惚れる!中村倫也の歌唱力を改めて痛感

ところが今回の「美食探偵」では例外でした。

コロナ対策で撮影されたのは、マリアにはかなわないと感じた苺が明智に思いをぶつけるシーン。それだけに、2人の心の距離を表現しているようで、シーンとして全く不自然ではありませんでした。むしろ、この演出ににより、より苺の心情を表現できていたのではないでしょうか?

まるで舞台を見ているかのような演出が引き込まれました。悪くないです。笑

コロナ対策からこのようなシーンが生まれたのは素晴らしいですし、こうして評判となったことで「美食探偵」以外の作品でも生かせるかもしれませんね。ほんと、試行錯誤するのも悪くないと思います。

残念ながら7話以降は延期となりましたが、評判の高い作品ですし無事に再開できることを願ってます。明智さんの「悪くない」をまた聴きたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク