スポンサーリンク
スポンサーリンク

同期のサクラ オープニングで桜の成長が分かる?毎回異なる映像の意味は

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ「同期のサクラ」。2017年の「過保護のカホコ」と同じ高畑充希さん主演、遊川和彦さん脚本ということでも話題となっていますね。

「過保護のカホコ」では毎回異なるオープニング映像も話題となりましたが、「同期のサクラ」もやはりオープニング映像が毎回異なります。

このオープニングだけでも制作陣の想いが伝わってきて見どころとなっているわけですが、このオープニング映像にはどのような意味が込められているのでしょうか?

出典:https://morisee.xyz/doukinosakura-syudaika-sakura/

スポンサーリンク

毎回異なるオープニング映像にも注目

オープニング映像って数秒ですが、実はかなり大事ですよね。そのドラマがどんな雰囲気なのかとかどういった方向性なのかがわかる役割を果たしているいわゆるアイコン的な存在です。

そんなオープニングに特に力を入れている「同期のサクラ」チーム。毎回、オープニング映像が変化していくという凝った作りを見せています。

1話では桜の眼鏡に石が飛んできてヒビが割れるという内容でしたが、2話では桜の顔に新聞紙がかかるという内容。マイナーチェンジではありますが、毎回見ている方には1発で分かる変化です。

このオープニング映像の変化。どのような意味があるのでしょうか?

それは、その回に桜がどんな試練を乗り越えたのかを表しているのではないでしょうか。1話では同期の百合からストレートに厳しい言葉を浴びせられ心が折れたことを眼鏡がひび割れたことで表現、2話では上司・桑原の言うとおりにする菊夫を新聞紙で表現していると思われます。

こうしてその回を象徴するオープニング映像をつなぎ合わせていくと、オープニング映像だけで桜がどのように成長していくかが分かりますよね。

関連記事→【同期のサクラ】桜の入院してる病院は有名?過去に使われたドラマも
関連記事→【同期のサクラ】桜の新潟弁はコテコテすぎる?高畑充希の訛りに違和感
関連記事→【同期のサクラ】桜は発達障害?忖度できないと空気読めないの違いとは
関連記事→同期のサクラの過保護のカホコ感!キャラも似てる?じいじは社長にw
関連記事→2019秋ドラマ一覧~注目作は?おすすめを列挙!主題歌や原作情報も

「同期のサクラ」2話を視聴できる見逃し配信動画サイトは?

10月16日に放送された「同期のサクラ」2話をもう1度観たい方、見逃した方に視聴できる方法をご紹介いたします。

「同期のサクラ」2話の放送終了から1週間以内なら、Tverと日テレオンデマンド、2話の放送終了から1週間以上経過している場合の配信動画サイトは、U-NEXT、Hulu、ビデオマーケット、dTV、auビデオパスです。

また、Tverと日テレオンデマンドは無料視聴できる期間が放送終了から1週間ですので、Tverと日テレオンデマンドで「同期のサクラ」2話を視聴できるのは2019年10月16日(木)放送終了後〜2019年10月23日(木)21時59分までです。



まとめ

今回は「同期のサクラ」のオープニング映像を取り上げました。

オープニング映像だけでも物語があるって素敵ですね。オープニング映像に結末のヒントが隠されているかもしれません。

「同期のサクラ」、オープニング映像にも注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク