スポンサーリンク
スポンサーリンク

【青のSP】岡部は教育長の娘と和久井に嵌められた?小川がそれを知ったなら…

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ「青のSP」。小川先生(明日海りお)を死に追いやったのは木島校長(高橋克実)ということが8話で判明しました。

ところが事件はまだ解決していません。どうやら、教育長の尾崎、そしてある女子生徒が関与しているようで。。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「青のSP」岡部は嵌められたのか

小川先生を死なせてしまった犯人は校長というところまでは確定として、そもそもこの事件の発端は和久井と岡部先生の一件です。

この岡部先生と和久井の件が仕組まれたものという可能性も十分あるんですよね。

校長と教育長が密接な関係にあったことから、教育長も事件に関与しているのでしょう。で、生徒の尾崎香澄は尾崎教育長の娘と思われます。この教育長の娘が事件の発端に関与していたなら。

つまり、教育長の娘と和久井は若い女の子が好きな岡部を学校から追い出したかった。だが追い出す決定的なきっかけがなかったため、そのきっかけとなる出来事を作るために教育長の娘と和久井が手を組んで岡部を嵌めた。

で、真相に気づき真実を明らかにしようとしたところ、大事にしたくなかった校長の企みにより命を落としてしまったということでしょうか。

関連記事→【青のSP】浅村先生が犯人?音声データを送ってきたのが誰かも気になる
関連記事→【青のSP】嶋田は小川の恋人!?なら亡霊って…志願の目的を考察

「青のSP」ますます面白くなってきましたね。考察も盛り上がっています。

今後の「青のSP」から目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク