スポンサーリンク
スポンサーリンク

M愛すべき人がいて アクセルズの元ネタはMISSION?City Light Wingsの評判も

スポンサーリンク

田中みな実さんの怪演が評判となっているドラマ「M愛すべき人がいて」。劇中ではあゆデビュー当時にヒットしていたavex所属のアーティストをモチーフとしたグループが登場しています。

そのうちの1組がアクセルズなんですが、アクセルズの元ネタって誰?と思われた方結構いらっしゃるのではないでしょうか。実際、自分もすぐにはぴんときませんでした。

アクセルズの元ネタは誰なのでしょうか?

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「M愛すべき人がいて」に登場するアクセルズの元ネタは?

様々な元ネタが存在する「M愛すべき人がいて」。ELTが元ネタのOTF(Over The Fact)。TRFが元ネタのUSG、小室哲哉が元ネタの輝楽天明など実に様々な架空のアーティストが登場します。中でもTKが元ネタの輝楽天明は強烈ですよね。笑

このようにほとんどの元ネタは分かりやすいくらいパロってるのですが、アクセルズだけは元ネタが明確ではありません。この当時のガールズグループといったらSPEEDやMAXあたりがそれですが、OTFやUSGほどの分かりやすさはありませんよね。

ですが、ドラマの設定となっている1998年にavexからデビューした4人組のガールズグループがいました。それがMISSIONです。

MISSIONは、沖弥生さん、橋本真実さん、三浦絵理子さん、折田みゆきさん、佐藤千寿子さんによる5人組のアイドルグループ。1998年6月、フジテレビの「アイドルハイスクール 芸能女学館」に出演していた女子生徒の中から松浦勝人氏によって選ばれ結成されました。

あゆほどの知名度はないものの、「HEY!HEY!HEY!」や「うたばん」にも出演していましたし、何よりデビュー時期があゆとほぼ同一(あゆの1998年4月8日デビューに対し、MISSIONは7月23日)であることから、アクセルズの元ネタはMISSIONである可能性が高いです。

ちなみに劇中では、あゆのデビュー曲「poker face」や「YOU」、「A Song for ××」などが取り上げられていましたが、この3曲の作曲はいずれも星野靖彦さんが担当しています。そして、MISSIONのデビュー曲「素肌の季節」を作曲したのも星野靖彦氏です。

関連記事→M愛すべき人がいて ネタに走りすぎ?唐揚げも伏線回収されるか
関連記事→M愛すべき人がいて 田中みな実の演技が評判!眼帯は通りもんに激似w
関連記事→M愛すべき人がいて あゆ役の演技が棒過ぎ問題!口パクもひどいw
関連記事→M愛すべき人がいて 大映ドラマ的コント?モノマネや田中みな実の眼帯w
関連記事→M愛すべき人がいて 水野美紀のコメディ演技が評判!ドラムも上手w

時期が一緒というのもあるとは思いますが、こういった共通点もありました。

「City Light Wings」の評判

劇中、アクセルズが実際にパフォーマンスをしているシーンが出てきますね。そこで登場する楽曲「City Light Wings」はアクセルズ及び「M愛すべき人がいて」のために書き下ろされたオリジナル楽曲。この「City Light Wings」の評判も上々です。

明るく爽やかな楽曲で、どことなく90年代を彷彿とさせる曲調でいいですね。これは90年代のavexを聴いてきた方には馴染みやすいと思いますし、アイドル楽曲に親しみのある方にも評判いいのではないのでしょうか?

「City Light Wings」は「M愛すべき人がいて」のオリジナル・サウンドトラック「M 愛すべき人がいて」Sound Collection+ A VICTORY Special Sampler DISC-2に収録されています。ドラマを見て気になった方はサントラをチェックしてみるのもありですね。

ドラマ同様評判となったアクセルズ「City Light Wings」。ドラマとのコラボ企画で「Ⅿステ」出演もあったりして…?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク