スポンサーリンク
スポンサーリンク

正しいロックバンドの作り方が面白いと評判!「証拠」の歌詞もいい

スポンサーリンク

2020年春ドラマ「正しいロックバンドの作り方」。日テレ系シンドラ第12弾となる今作は、ジャニーズWESTの藤井流星さんと神山智洋さんのW主演のコメディです。

4月21日に1話が放送されましたが、さっそく面白いと評判となっています。

出典:https://twitter.com/niconiconi0924/

スポンサーリンク

面白いと評判の「正しいロックバンドの作り方」

このように「正しいロックバンドの作り方」が面白いと評判です。

30分枠なんでゴールデンやプライムのドラマより短いですが、それを抜きにして考えてもめっちゃあっという間でしたね。大げさでなく体感10分くらいでした。

関連記事→正しいロックバンドの作り方 スネークのスピンオフ頼む!いい人すぎw

とにかく深いこと考えずに気軽に観られる作品で面白いです。コロナで気が滅入ってしまうような時期だからこそ「正しいロックバンドの作り方」のような気軽に観れて笑える面白いドラマは尚更いいですね。

それでいて、ちゃんとメッセージ性もあります。スネークに心動かされまとまっていく静馬ら「悲しみの向こう側」メンバーの絆も見どころでしょう。4人も掛け合いも面白いですね。

1話はとにかくゆるい感じでしたが、これから4人が演奏するシーンも出てくるはずですからそこも楽しみです。

主題歌「証拠」の歌詞もいい

ドラマ自体面白いと評判ですが、ジャニーズWESTが担当している主題歌「証拠」の評判も上々です。

ドラマの内容通り疾走感のあるロックサウンドが印象的で歌詞もドラマの内容と合っていますね。ここから4人は色んな壁にぶつかっていくと思いますが、目標である「電撃ロックFes」出場への想いが描かれている歌詞で素晴らしいです。

この勢いのある歌詞とサウンドがさらに「正しいロックバンドの作り方」を盛り上げていくでしょう。「証拠」ってタイトルからしてかっこいいですし。

イベント自粛が続いていますが、いつかライブで「証拠」を聴きたいですね。