スポンサーリンク
スポンサーリンク

監察医朝顔 特別編の評判~ただの総集編じゃない!ホームビデオにほっこり

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ「監察医朝顔」。9月23日に最終回を迎えましたが、翌週の30日に特別編が放送されました。

特別編はこれまでの回想シーンも多く実質総集編的な内容でしたが、ただの総集編ではなく丁寧に作られていましたね。ラストのホームビデオもよかったです。

今回は、「監察医朝顔」特別編の感想を評判と併せてまとめていきます。

出典:https://news.mynavi.jp/article/20190616-843866/

スポンサーリンク

ただの総集編ではない「監察医朝顔」特別編の評判

今回の「監察医朝顔」特別編では、これまでの事件を既出のシーンで振り返りながら朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)の出会いのシーンなど新たなシーンも追加。桑原くんは出会った時から号泣キャラだったことも判明しましたね。

関連記事→【監察医朝顔】桑原くんの殉職フラグを斬る!号泣キャラがかわいい
関連記事→監察医朝顔 桑原くんはクラッシュにならなかった?【最終回ネタバレ】
関連記事→【監察医朝顔】6話以降の森本刑事の出番は?イケメン度もさらにupか
関連記事→【監察医朝顔】つぐみがかわいいと評判!癒される~
関連記事→【監察医朝顔】京アニ事件に配慮した演出に関心!3話ネタバレと感想
関連記事→【監察医朝顔】原作と比較&1話感想!震災を絡めたストーリーの評判は?
関連記事→2019夏ドラマ一覧~何が面白い?主題歌や原作など情報まとめ

全体的には総集編的な内容ではあったものの、事件パート、家族の日常パート、震災パートとそれぞれ分けられていて非常にきれいに構成されていました。事件パートは前半にあっさりとまとめられており、連ドラよりもヒューマン要素の強い特別編になっていたように思います。

そして、連ドラの時からかわいいと評判だったつぐみ(加藤柚凪)にもスポットライトがしっかりと当たっていました。

浩之(柄本明)につぐみの動画を送るようになった朝顔は、つぐみの動画を編集するようになります。特別編ラストでは、朝顔が編集したホームビデオの映像も登場。このホームビデオがまた評判となりました。

まるで本当の家族みたいでしたよね。このホームビデオがあるかないかでは全体の印象も全然変わってきます。

ただの総集編ではなく、本編で描き切れなかった部分も描かれていて非常にいい特別編だったのではないでしょうか?今回の特別編を見たあとに本編を見たら、より感動できる気がします。評判となったのも納得です。

本来、本編で入れたかった部分を今回の特別編で入れたという感じもしますね。このような特別編なら今後も大歓迎です!

「監察医朝顔」、改めていいドラマでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク