スポンサーリンク
スポンサーリンク

【恋する母たち】結婚に囚われない結末が評判!最終回感想まとめ

スポンサーリンク

2020年秋ドラマ「恋する母たち」。12月18日に最終回を迎えました。9話では、優子さん(吉田羊)と赤坂くん(磯村勇斗)が切ない展開となってしまただけに、最終回がどんな結末を迎えるのか注目どころでしたね。

視聴者にとって、登場人物にとっていい結末を迎えられるのか…?

「恋する母たち」最終回結末の評判や感想をまとめます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「恋する母たち」最終回の感想と評判まとめ

ご紹介したツイートの通り、「恋する母たち」最終回の評判は上々でした。最終回よかったという感想が目立っていましたね。

その要因として、登場人物全員がそれぞれ幸せな結末を迎えられたというのが大きいと思います。

関連記事→【恋する母たち】斉木と杏の結婚はうまくいく?7話あらすじと感想

赤坂くんがベッドでタメ口になるシーンもめっちゃよかったです!

それでいて、無理やり結婚するという強引なハッピーエンドにもならなかった点も評判が良かった要因と思われます。いくらハッピーエンドでもあまりに現実離れした結末だと冷めてしまいますよね。結婚は分かりやすいけど、結婚すればいいというわけでもなく。。

そういった意味では、それぞれが幸せだけどリアルな結末だったからこそ、いい最終回だったという感想が多くあったのでしょう。

「恋する母たち」いい最終回でした。特に連続性のあるストーリーだと最終回がダメだと駄作の印象になってしまいますので。。

以上、感想まとめでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク