スポンサーリンク
スポンサーリンク

【テセウスの船】犯人せいやは成功?評判や制作サイドの意図を考察

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ「テセウスの船」

冬ドラマの中でも特に評判が高く、3月22日放送の最終回も視聴率19.6%と有終の美を迎えましたね。

犯人はせいやさん演じる田中正志。当初せいやさんが犯人ということだけはないという声が多かっただけに、正志1人がみきおを操っていたという結末には驚かれた方も多かったことでしょう。

ベテランの役者さんもそろっていた中、制作サイドは何故せいやさんを犯人役にしたのでしょうか?

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

テセウスの船 せいや犯人は成功だったのか

せいやさん演じる正志が犯人だったことに不満を感じているツイートが結構ありました。理由はやはり演技力です。

「テセウスの船」は主演の竹内涼真さんをはじめ、鈴木亮平さん、六平直政さん、笹野高史さん、上野樹里さんなど実力のある役者さんが揃っていただけに犯人は役者を本業としている方に演じて欲しかったという意見が出てきてしまうのは仕方ありませんよね。

せいやさんの演技、決して悪くなかったと思いますが、如何せん共演者が演技力のある役者さんばかりだっただけに縁威力の面で差が出てしまったのは否めません。そういった点から、せいやさん犯人に対する評判は高いとは言えませんでしたね。

しかし、制作サイドもせいやさんを犯人にキャスティングすればこのような評判となるのは想像ついていたでしょう。それなのになぜ制作サイドはせいやさん演じる正志を犯人にしたのでしょうか?

考えられるのはやはり意外性です。ドラマ開始当初、せいやさんが怪しいような表情をしていたことい突っ込むツイートが多数ありました。それくらいせいやさんが黒幕や犯人であることは考えられなかったですよね。

関連記事→テセウスの船 みきおの共犯者は校長?クラスメイトの可能性も…
関連記事→テセウスの船 1977年の音臼村祭が関係か~校長が実行委員って…
関連記事→テセウスの船 さつきはみきおを庇ってる?養子にした理由から考察
関連記事→【テセウスの船】さつき黒幕説を考察!鍵穴から覗いてた目がヒントか

逆に、笹野高史さん演じる校長やユースケ・サンタマリアさん演じる金丸刑事、麻生祐未さん演じる木村さつきの犯人説は濃厚でしたね。さつきは事件に関与していたものの、校長や金丸はいい人でしたしそこらへんは意外でした。

校長やさつきが犯人、黒幕なら演技力の面では迫力や見ごたえはあったかもしれません。ですが、展開としては意外性は感じられなかったでしょう。

関連記事→テセウスの船 せいやも共犯?父の死に駆け付けた時の反応が不自然
関連記事→【テセウスの船】村人全員がグル説を考察!猪鍋も罠だったのか

途中からせいやさん演じる正志も怪しくはありましたが、せいやさん犯人は制作サイドが意外性を狙った結果なのだと思います。

評判のいいドラマだっただけにせいやさんを犯人にしたのはかなり大胆な賭けだったと思います。しかし、原作と違うドラマオリジナルの「テセウスの船」で高視聴率を獲得したあたり、さすがドラマのTBSと認めざるを得ません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク