スポンサーリンク
スポンサーリンク

TWOWEEKS 早穂子が結城との写真を流出させた理由~楓をハメただけ?

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ「TWOWEEKS」。柴崎(高嶋政伸)がすみれ(比嘉愛未)とはな(稲垣来泉)にまで拘束するという最悪な展開を迎えてしまいました。

柴崎、これでもかってくらい悪ですねー。

ですが、早穂子(黒木瞳)の悪事も柴崎に負けていません。結城(三浦春馬)と取引をしているところを何者かによりスクープされてしまい早穂子大ピンチ…!

…と思いきや、それは早穂子自身の自作自演でした。普通に考えれば、楓(芳根京子)をハメるためかと思いますが、他にも理由がある気がするのは自分だけでしょうか?

出典:https://gyao.yahoo.co.jp/special/twoweeks/

スポンサーリンク

早穂子が結城との写真を流出させたのは楓をハメただけなのか

楓の力を借りて早穂子と直接交渉する作戦に出た結城(三浦春馬)。「はなの命を助けてくれれば、医療機器の認可で事故をもみ消したことは誰にも言わない。はなの手術さえ無事に終われば自分はどうなってもかまわない」と言って、なんとか取引は成立しました。

ですが、早穂子にとって大ピンチとなる出来事が。結城と取引をしている様子を誰かが撮影しており、その写真が流出してしまったのです。

殺人事件の容疑者である結城と接触していたことから、殺人事件の容疑者の逃亡を手伝った疑惑がついてしまった早穂子。現役の議員が殺人事件の容疑者の逃亡を手伝ったなんて疑惑が出たら、自身の議員生命が絶たれてしまうことは言うまでもありません。

そこで早穂子は急遽記者会見を開くことにします。

ところが、その会見で早穂子は楓にハメられたと説明。楓に呼び出されて行ったら結城がいた。そこに結城がいたことは知らず、自分を呼び出した楓こそが結城の逃亡の手伝いをしたのだと訴えたのです。

楓は写真を撮ったのは自分たちではないと訴えましたが、早穂子はそんなの百も承知。何故なら、写真を流出させたのは早穂子自身の自作自演だったのでした!

完全にハメられてしまった楓。しかし、早穂子は楓をハメるためだけに写真を流出させたのでしょうか?

写真をわざと流出し、会見で楓が結城の協力者だと訴え楓を退職に追い込むのが目的だったとしたなら、こんな手の込んだことをする必要はなかったはずです。となると、他に理由があってもおかしくありませんよね。

もしくは、他に写真を流出させた人物がいあるのにわざと自分が仕組んだふりをしたとか?

そもそも写真が流出した時、早穂子はかなり動揺してましたよね。もし早穂子自身の自作自演なら動揺した演技をしていたことになります。しかし、ハメた楓がいないところで演技をしても意味ないのでは…?

関連記事→TWOWEEKS 三浦春馬と比嘉愛未のキスシーンが評判!カメラワークも有能
関連記事→TWOWEEKS すみれが選ぶのは大地?有馬?5話の電話シーンに感動
関連記事→TWOWEEKS 早穂子と息子の会話に違和感!他界してる可能性も
関連記事→TWOWEEKS 灰谷は久我の息子?柴崎のスパイである可能性も考察
関連記事→TWOWEEKS 久我(黒木瞳)は黒幕?楓の父親の事件や柴崎との関係を考察
関連記事→【TWOWEEKS】角田事務官は柴崎のスパイ?楓を裏切る可能性を考察
関連記事→【TWO WEEKS】デジカメの行方とサトルの安否~4話の予想!
関連記事→【TWO WEEKS】1話ネタバレと感想!韓国ドラマリメイク版の評価は?
関連記事→2019夏ドラマ一覧~何が面白い?主題歌や原作など情報まとめ

早穂子さん、謎ですね。やはり何かほかに目的がある気がします。

「TWOWEEKS」9話を視聴できる見逃し配信動画サイトは?

9月10日放送の「TWOWEEKS」9話を見逃した方、あるいはもう1度観たいという方にその視聴方法をご紹介いたします。

「TWOWEEKS」9話の放送終了から1週間以内であれば、Tver、カンテレドーガ、GYAO、放送終了から1週間以上経過しているのであれば、FODプレミアム、U-NEXT、ビデオマーケット、dTV、auビデオパスです。

Tver、カンテレドーガ、GYAOは無料視聴できる期間が放送終了から1週間ですので、Tver、カンテレドーガ、GYAOで「TWOWEEKS」9話を視聴できるのは2019年9月10日(火)放送終了後〜2019年9月17日(火)19時45分までです。



まとめ

今回は、「TWOWEEKS」9話で早穂子が結城との写真を流出させた理由を考察しました。やはり、楓をハメた以外にも目的がある気がします。

「TWOWEEKS」もいよいよ最終回。結城はすみれとはなを守れるのか…結末が気になります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク