スポンサーリンク
スポンサーリンク

【わたし定時で帰ります】8話の種田さんまとめ!おんぶが切ない…

スポンサーリンク

2019年4月クールドラマ「わたし定時で帰ります」。向井理さん演じる種田晃太郎が毎回かっこいいですよね。

2019年6月4日に放送された8話でも、やはり種田さんはかっこよかったです!

そこで、「わたし定時で帰ります」8話の種田さんを振り返ってみましょう。

出典:https://mantan-web.jp/article/20190502dog00m200017000c.html

スポンサーリンク

おんぶが切ない!「わたし定時で帰ります」8話の種田さん

福永(ユースケ・サンタマリア)の根回しにより、本来通るはずのない星印の案件が社内審査を通ってしまいました。福永は、ディレクターに賤ケ岳(内田有紀)を任命。賤ケ岳はそれを引き受けますが、そんな賤ケ岳に大きなピンチが!

夫の陽介(坪倉由幸)の母親が脳梗塞で倒れてしまったのです。1人で急遽熊本に帰省した陽介。さらに、後遺症の可能性も考えられることからしばらく熊本に残るというのです。

賤ケ岳は東京で仕事を続けてもいいという陽介でしたが、賤ケ岳はそこまでして仕事をする意味を見失っていました。

そんな賤ケ岳のフォローを必死にする結衣(吉高由里子)に対し、種田さんが言ったのは…

「お前は無理するな。」

さらっと言える種田さん、やはりかっこいいですね。結衣もそんな種田を心から信頼しています。

しかし、そんな種田に嫉妬した巧は、億万長者になっても働くという結衣に「種田と働きたいから」だと言ってしまいました。珍しく巧と喧嘩となってしまった結衣は、上海飯店へ。

そこへ、種田が現れます。

帰り道、種田は結衣の手を掴みます。

…き、キスか!?

視聴者の多くがそう思ったのではないでしょうか。しかし、種田がしたのはキスではなくおんぶ。

おんぶかい!と思わずつっこみたくなりましたが、ここでおんぶする種田さんもまたかっこいいです。と、同時に切なかったですね。

さらに、結衣を会社へ連れて行った種田は思わず結衣に触れようとするも触れるまでにはいかず。

やはり、切ないっす。。

結局のところ、種田さんと結衣って兄弟みたいな感じなんですよね。仕事を優先し過ぎたことが原因で別れたことになってますけど、そうではなかったのかもしれません。

そう思っていたら、福永が8話ラストで気になる発言を。「種田が自分の会社を辞め、ネットヒーローズへ来たほんとの理由を教える」と。。

それは一体、何なのでしょうか?

関連記事→わたし定時で帰ります 結衣が選ぶのは種田?巧?三角関係の行方を予想
関連記事→吉高由里子が人気の理由~自然な演技力!声もかわいい個性派女優の魅力を分析

そして、悩んだ末求職する決意をした賤ケ岳に代わって、星印のチーフをする決意をした結衣。そんな結衣に対し、「だから無理すんなって言ったのに。」という種田さんもまたかっこよかったですね。

視聴者の反応は?

回を増すごとに、結衣と種田さんくっついてほしいって思いますよね。分かります。

しかし、こういった意見も。

前途したように、結衣と種田さんは現状兄弟みたいな感じです。ですから、今後もいい関係ではあり続けるかもしれませんが、恋愛に発展する可能性はあまり高くなりそうなんですよね。。

種田さんの魅力がどんどん出てくるだけに、2人が結ばれずに終わるのは残念な気がします。。でも、可能性はゼロではないですよね。どんなラストになるのか気になりすぎます!

まとめ

「わたし定時で帰ります」、8話の種田さんをまとめました。とにかく、8話の種田さんもかっこよかったです。おんぶのシーンは切なかったですが、結衣を想いながらも必死にこらえる種田さんに胸が締め付けられましたね。

「わたし定時で帰ります」も残すはあと2回。いよいよクライマックスです。

「わたし定時で帰ります」、最終回まで目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク