スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャーロック 松本まりかの演技力に圧倒!【ミス怪演女優】1話ネタバレ

スポンサーリンク

2019年秋の月9ドラマ「シャーロック」。アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作としたドラマで、主演は月9初主演となるディーン・フジオカさんです。

1話では、犯人役に松本まりかさんが登場。毎回、迫真のある演技力で視聴者を魅了している松本まりかさんですが、「シャーロック」1話でもまた迫真のある演技を見せてくれました!

今回は、「シャーロック」1話での松本まりかさんを取り上げます(ネタバレ注意)。

出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0111597

スポンサーリンク

松本まりかの演技力に圧倒!「シャーロック」1話(ネタバレ)

松本まりかさんが演じたのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)の妻・赤羽汀子。汀子は、医師免許の不正取得で同級生に脅された夫に同級生の殺害をけしかけた上、誉や若宮に対しても罠を仕掛けようと企むという悪女。

関連記事→ディーン・フジオカの代表作や演技力の評判!年齢や出身にTwitter情報も
関連記事→佐々木蔵之介の代表作や演技の魅力!所属事務所などプロフィールまとめ
関連記事→岩田剛典 役者としての評判は?出演作品や略歴・身長プロフィールまとめ
関連記事→佐々木蔵之介も結婚できない男?独身の理由や過去に交際した恋人まとめも
関連記事→2019秋ドラマ一覧~注目作は?おすすめを列挙!主題歌や原作情報も

序盤では、夫である栄光の遺体の前で泣き崩れ、不幸な奥さんという印象の汀子。珍しく、松本まりかさんが普通の奥さんで終わるのか!?と思いきや、やはりそんなわけはありませんでした。誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の指示で江藤礼二(佐々木蔵之介)から捜査が順調に進んでいると知らされた汀子は笑みを浮かべます。

そして、ついに本性を表しました。

赤羽同様不正を行うも医者になれなかった郡司貴生(淵上泰史)から脅された赤羽。その一部始終を見た汀子郡司に熱湯をかけ、赤羽に郡司を殺害するよう指示します。結局、2人は郡司を殺害し遺体を海へ捨てました。

ところが、自首をすると言い出す赤羽に「だったら死んで」と放つ汀子。医者でなくなりただの犯罪者となった夫にはもはや価値がないというのです。

そんな状況に絶望をした赤羽は自殺を決意。せめて、他殺なら保険金が1億以上受け取れると思い赤羽は他殺であるかのように見せかけます。そして、その犯人を若宮にしようと企み。。

以上が「シャーロック」1話の大まかなネタバレ。赤羽に郡司を殺害させようとするシーンなど、汀子が本性を表すシーンはかなり迫力がありましたね。松本まりかさん、さすがの演技力です。狂気的な役を演じたら右に出る者はいないのではないかというくらいインパクトありました。

1話の松本まりかさんに続き、2話では菅野美穂さんが登場。これはまた、怪演が見られる予感がしますよ…!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク