スポンサーリンク
スポンサーリンク

シロクロパンダ 山口真帆の滑舌と演技力問題~しゃべり方も素?

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う(シロクロパンダ)」。1月12日に1話が放送されました。

1話のゲストは、元NGT48の山口真帆さん。山口真帆さんと言えば、ちょうど1年前の2019年1月に暴行事件を訴えたことが話題となりましたね。その1年後、見事女優デビューを果たしました。

しかし、問題は演技力。NGT時代から滑舌が悪いとファンの中でも話題となっていただけに、山口真帆さんの演技力が気になりますね。

出典:https://twitter.com/maho_yamaguchi

スポンサーリンク

「シロクロパンダ」での山口真帆の滑舌と演技力

やはり、滑舌の悪さが話題となっていますね。かくいう自分も結構気になりました。汗

今回、山口真帆さんが演じた愛菜は上司からセクハラを受けた後、殺されてしまうという役。自殺の直前、セクハラされていたことを告発する動画も撮影しており、その動画シーンが結構尺ありましたよね。故に、彼女の滑舌の悪さが目立ってしまったのでしょう。

関連記事→シロクロパンダ考察 コアラ男が直輝パパ?あずさを誘拐した目的とは
関連記事→シロクロパンダ考察 レンは双子?片割れになりすましてる可能性も
関連記事→シロクロパンダで山口真帆がNGT運営批判?告発動画がリアル!

…というか、この告発動画、どう考えてもNGT事件意識しすぎなんですけど。爆

しゃべり方も独特のため、余計に聞き取りにくい部分もあると思います。ぶっちゃけ、このしゃべり方はNGT事件時の告発動画の時と一緒でしたし。。

まぁこのしゃべり方は好き嫌い分かれるでしょうねー。

演技力に関しても、決してよかったとは言えないのが本音ですね。

女優デビュー作なんですから、まだまだこれからですよね。数をこなせば演技力も上がっていくはずです。

今はとにかく経験が大事でしょう。山口真帆さんの今後に期待です。

関連記事→冬ドラマ2020一覧~何が人気?おすすめを列挙!主題歌や原作情報も

読売テレビ制作としては初となる「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う(シロクロパンダ)」。サスペンス要素はあるものの、「あなたの番です」や「ニッポンノワール」とは全然違った作風ですね。横浜流星さん演じる森島直輝の父親の事件の真相が明かされていけばもっと面白くなりそうな予感がしています。

今後の「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う(シロクロパンダ)」が楽しみです!