スポンサーリンク
スポンサーリンク

天国と地獄 日高は歯を回収したい?現場清掃の目的と東の復讐説を考察

スポンサーリンク

毎週様々な考察で盛り上がっている2020年冬ドラマ「天国と地獄」。

7話では東朔也が日高の二卵性の双子であることが判明しました。そして、その東が陸の師匠で、その東こそが犯人である可能性が高まってきています。

で、日高がとっている行動に対しては様々な考察がありますが、今回は現場に残されていた「歯」について考察していきます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「天国と地獄」日高の現場清掃の目的と歯の関係は

東朔也が犯人でそれに日高も関与していることは間違いないでしょう。日高は東が捕まらないように証拠隠滅のために現場清掃をしているのだと思いました。

関連記事→天国と地獄 日高は東朔也(師匠)の犯行の証拠隠滅のために清掃してた?
関連記事→天国と地獄 東がリストにない殺人をした理由を考察!日高のもうダメだの意味も

ですが、よく考えるとそれだといくつか引っかかる部分がありました。

東が生きていると知り「まだ生きてんのかよ」と言っていたこと。また、毎回殺人現場には歯が落ちていたということ。

この歯って、日高の歯でしょうか?

だとしたら、むしろ東は日高を犯人に仕立て上げるために歯を残していたということになりますよね?

つまり、日高は東を庇うために犯行現場を清掃していたのではなく、自分が犯人にされないために現場を清掃していたのでしょうか。となると、東は復讐のために犯行に及んでいる…!?

復讐の相手は日高だけではないでしょう。1番は東家と因縁のある相手に復讐したくてやっているのかもしれません。ただ、日高のことも恨んでおり。。

そこについては、大人になって再会した時に関係が崩れた可能性もありますね。そこから復讐が始まったのかも?

関連記事→【天国と地獄 考察】師匠の父親が階段から落ちたおじいちゃん?
関連記事→天国と地獄 クウシュウゴウは日高の共犯者?「来なかった」の意味を考察
関連記事→天国と地獄 東朔也の朔=新月は事件のヒント?新月の日に殺人との関係は
関連記事→【天国と地獄】似顔絵が居酒屋の大将に似てる?まさかの重要人物か
関連記事→【天国と地獄】落ちてた薬は誰の?陸の師匠の可能性もあるか
関連記事→天国と地獄 日高は手紙の女の子と既に入れ替わってた?化粧が上手いのも…
関連記事→【天国と地獄】日高は階段から落ちたおじいちゃんと入れ替わった?
関連記事→【天国と地獄】日高は犯人じゃない?妹を庇ってる可能性を考察
関連記事→【天国と地獄】日高の二重人格について考察!それか別の誰かと入れ替わりか

「天国と地獄」ますます面白くなってきましたね。考察も盛り上がっています。

今後の「天国と地獄」から目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク