スポンサーリンク
スポンサーリンク

天国と地獄 東朔也の朔=新月は事件のヒント?新月の日に殺人との関係は

スポンサーリンク

2020年冬ドラマ「天国と地獄」。2月21日に6話が放送されましたが、謎が多すぎてもはやよくわからなくなってきましたね。。

ただ、「東朔也」が物語のカギとなっていることは間違いないようです。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「天国と地獄」東朔也の朔=新月は事件のヒント?

東朔也って誰!?って感じだったのですが、東朔也の「朔」は新月と言う意味があります。新月の日に殺人が起きているのは、東朔也が何らかの形で関係してそうですね。

考えられるのは、新月の夜に日高と東朔也が入れ替わった可能性があります。その後、望月と日高が入れ替わったわけですが、望月は満月という意味です。

これが入れ替わりと関係しているのなら、次の新月か満月の日に元に戻るのでしょうか?

関連記事→【天国と地獄】似顔絵が居酒屋の大将に似てる?まさかの重要人物か
関連記事→【天国と地獄】落ちてた薬は誰の?陸の師匠の可能性もあるか
関連記事→天国と地獄 日高は手紙の女の子と既に入れ替わってた?化粧が上手いのも…
関連記事→【天国と地獄】日高は階段から落ちたおじいちゃんと入れ替わった?
関連記事→【天国と地獄】日高は犯人じゃない?妹を庇ってる可能性を考察
関連記事→【天国と地獄】日高の二重人格について考察!それか別の誰かと入れ替わりか

「天国と地獄」ますます面白くなってきましたね。考察も盛り上がっています。

今後の「天国と地獄」から目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク