スポンサーリンク
スポンサーリンク

【姉ちゃんの恋人】7話あらすじと感想~真人と桃子よ幸せになってくれ

スポンサーリンク

2020年秋ドラマ「姉ちゃんの恋人」。12月8日に7話が放送されました。

桃子(有村架純)とのデート中に、偶然、元恋人の香里(小林涼子)と再会した真人(林遣都)。言葉を失ってしまった真人でしたが、ここから物語はどう動いていくのでしょうか?

今回は「姉ちゃんの恋人」7話のあらすじや感想をまとめていきます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「姉ちゃんの恋人」7話あらすじ

過去を知ってもなお、自分を好きだと言ってくれる桃子(有村架純)の気持ちを受け入れ、恋人として付き合うことを決めた真人(林遣都)。貴子(和久井映見)は涙を流して喜び、新たな一歩を踏み出した息子を祝福します。

桃子もまた、和輝(髙橋海人)たち3人の弟に真人への恋が実ったことを報告。桃子の幸せそうな笑顔に、弟たちも自分のことのように大喜びしますが、真人の過去を知った和輝は後日、一人で真人のもとを訪ねて…。

日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)、菊雄(光石研)、そしてホームセンターのメンバーも、2人のことを祝福。みゆき(奈緒)もまた、桃子が選んだ道を応援します。

そんな中、みゆきは意を決して和輝との関係を桃子に打ち明けることに。和輝が密かにみゆきに想いを寄せていて、みゆきもその気持ちを受け入れようとしていることを知った桃子は、驚きを隠せず…。

一方、かわいい部下の幸せを喜ぶ日南子の悟志への恋にも進展が…。

以上が「姉ちゃんの恋人」7話のあらすじでした。

「姉ちゃんの恋人」7話感想

確かに「姉ちゃんの恋人」の登場人物には悪い人が出てきませんね。

だからこそ、泣けるという感想が多く、心が温まる作品となっているのでしょう。

そして、真人役の林遣都さん。やはり演技が素晴らしいですね!

関連記事→【教場】平田の豹変に林遣都の真骨頂をみた!演技力の高さを痛感

真人と桃子には何としても幸せになってもらいたいです。というか、このまま全員幸せになってほしいですが。。

「姉ちゃんの恋人」も残り2回となってしまいました。クライマックスです。

暖かくて優しい世界のドラマだけに、このまま平穏な結末を迎えてほしいものです。

今回は「姉ちゃんの恋人」の7話のあらすじや感想をまとめました。最終回まで目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク