スポンサーリンク
スポンサーリンク

真矢ミキが宝塚を退団した理由!天海祐希との確執や病気・子供はいる?

スポンサーリンク

元宝塚歌劇団花組トップスターで、宝塚退団後はドラマ「アテンションプリーズ」や「ガリレオ」など数多くのヒット作に出演している女優・真矢ミキさん。

2008年に結婚し、仕事もプライベートも充実しているかと思われる一方、同じく元宝塚の天海祐希さんと確執があるいう噂もあります。

また、病気を患っていたという衝撃の事実もありました。

今回は、これらの真相や子供がいない理由などについて調査してまいりましたので、みていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

真矢ミキは天海祐希と確執がある?

出典:https://twitter.com/

大地真央さんへの憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学。1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団します。

同期には、女優の北原遥子さん、黒木瞳さん、涼風真世さん、毬藻えりさんなど。

みなさんそれぞれ実績実力ともに申し分ないですが、宝塚出身女優という意味では天海祐希さんの存在も忘れてはなりません。

天海さんと言えば、ドラマ「離婚弁護士」や「BOSS」、「緊急取調室」など数多くの作品で主演を務めている日本を代表する女優。同じ宝塚出身女優ということでお二人は親しいかと思いきや、実は確執があるとも言われています。

お二人は、天海さんが宝塚歌劇団に入団した1987年から退団した1995年までの8年間同じ場所にいました。そのため、とても仲が良いのではと思いましたが、宝塚歌劇団は上下関係にとても厳しいことで知られています。

真矢さんの方が年上で宝塚歌劇団に入団したのも先だったため、天海さんは真矢さんのことに対して馴れ馴れしくはできません。真矢さんも、天海さんの存在は宝塚歌劇団にいたころからもちろん知っていたとは思いますが、二人は組が違うということもあり、親しくなるチャンスはなかったとか。

宝塚歌劇団には5つの組があり、真矢さんが所属していた花組は「ダンスの花組」とよばれ、宝塚の象徴的な組。

一方、天海さんが所属していた月組は「芝居の月組」とよばれ、花組と同じく宝塚の創立当初からあり、代表的な舞台といわれる『ベルサイユのばら』や『風と共に去りぬ』を初演しました。

宝塚歌劇団では5つの組が各々で講演を行っているため、組が同じであれば接点は多いのですが、組が異なる場合接点はほとんどありません。真矢さんと天海さんも組が異なるため、宝塚歌劇団にいた頃はほとんど接点がなかったようです。

しかし、お互い宝塚歌劇団を退団した後もお二人の共演はありません。何年も共演がないことから、「真矢さんと天海さんは共演NG」という噂も浮上してしまうほど。

ですが、ドラマではありませんが、2014年に同じく宝塚歌劇団出身の黒木瞳さんが真矢さんと天海さんと共に銀座にいたという目撃情報がありました。三人がなぜ銀座にいたかなどは分かりませんでしたが、目撃した人によるとプライベートで、とても仲がよさそうに見えたそうです。

黒木さんがいたとはいえ、プライベートで会うくらいですから不仲ではないでしょう。よって、確執というのは共演がないことから生まれた噂に過ぎないようですね。

真矢ミキが宝塚を退団した理由

1998年10月、『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団した真矢さん。退団理由については、公にされていません。

噂によると、宝塚ファンだったお母さんが「一人でも多くの人がトップを味わえるように早く辞めなさい」という意見を持っていたためだといわれています。

真矢さん自身、大地真央さんに憧れていたということもあり宝塚の未来を考えた結果の退団だったのかもしれませんね。

いずれにしても、宝塚を退団した後も女優として活躍し続けているのは素晴らしいです。同じ演じるでも宝塚とドラマや映画で演じるのは多少違う部分もあるでしょう。

それをこなしているということは、それだけ真矢さんが女優としての才能があったということではないでしょうか。

過去に病気をしていた?

現在59歳の真矢さんですが、過去に病気をした経験もあります。

2016年12月号「女性セブン」の中で、うつ病を患っていたことを告白。1995年に花組のトップスターに就任、周囲の憧れの的となっていた真矢さんでしたが、トップスターになったことで精神的な負担は大きく、うつ病を発症していたといいます。

真矢さんはストレスの影響から、一口の食事も飲み込めないほどに追い込まれていたそう。日に日に体重は減り、痩せていく自分の姿に恐怖と不安を感じていたとか。

また、退団後は歌やダンスのレッスンがないため、暇な時間をどう過ごしていいかわからず、食べることを繰り返し、過食症のような状態になっていたとのこと。15歳の頃から34歳までの約20年間を宝塚の一員として生活していたため、すぐに気持ちをリセットし、普通の生活をすることが難しかったようですね。

このように精神的に不安定な時期が長い間続いていた真矢さん。ですが、友人に相談したところ「私はあなたが必要だから生きててよ」という言葉で一気に心が楽になったことを語っています。

現在はうつ病の症状も回復されたようですが、このほかにもメニエール病を患ったこともあったとか。

こちらは、「とにかくスマホの動きもできないし、いつも目がぐるんぐるんなってるんですよ。だから確実に生活はできないんですよ。とにかく横になってないと。横になってても寝返りしたらまた回っちゃうので。本当に仕事やめないとダメっていうか、生活が無理かなっていう」と自身の体験を語っていました。

真矢ミキに子供はいる?

2008年12月22日、真矢さんはバレエダンサーの西島数博さんと結婚しました。西島さんは、1971年10月21日生まれで、真矢さんよりも8歳年下です。

お二人の出会いは、2002年の舞台「スターダスト in上海」での共演。6年ほど交友関係が続いていましたが、西島さんのプロポーズによりゴールインとなりました。

結婚から15年経っていますが、お二人の間に子供はいません。

子供がいない理由として考えられるのは、まず年齢。結婚時、真矢さんはすでに44歳でしたので、妊娠・出産適齢期を超えていたことになります。

また、「少子化な世の中ではあるけれども、子供だけではなく仕事も大切にしたい」と語っており、仕事を優先したいという思いも強かったのではないでしょうか。
そんなお二人の現在ですが、良好な関係が続いているようです。

真矢さんは2023年の大河ドラマ「どうする家康」に出演するなど、公私ともに順調のようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク