スポンサーリンク
スポンサーリンク

檀れいは宝塚時代にいじめられていた?離婚や子供ができなかった理由も

スポンサーリンク

ドラマ「美しい隣人」や「VIVANT」、舞台「夜叉が池」など数多くの作品に出演している女優・檀れいさん。かつては、宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役として活躍していました。

そんな檀さんですが、宝塚時代にいじめに遭っていたという噂が。また、2011年に歌手・俳優の及川光博さんと結婚するも2018年11月28日に離婚しています。

今回は、いじめの真相や離婚、子供ができなかった理由などをみていきましょう。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

檀れいと及川光博の馴れ初めと離婚理由

2011年7月27日、歌手・俳優の及川光博さんと結婚しました。

お二人の出会いのきっかけは、2009年放送の及川さんがレギュラー出演していた人気ドラマ「相棒」での共演。檀さんはゲスト出演で、お2人は元恋人役を演じていました。

及川さんは、大の宝塚歌劇団のファンであることを公言されています。確かに、常に「王子様キャラ」を崩さない所やライブでの演出など多くの面で影響を受けていることが見て取れますね。そんなお二人ですから、すぐに意気投合できたのでしょう。

しかし、結婚まで全く順調だったわけでもなかったとか。実は、交際から結婚までの間に一旦破局もしています、

ですが、その流れを変えたのが2011年3月11日に起こった東日本大震災。檀さんは、阪神淡路大震災でのトラウマを思い出てしまったそうです。

当たり前と思っていた日常が、地震によって一瞬で失われてしまう経験を思い出し、精神的に不安定になってしまったそうです。

そこで手を差し伸べて「僕が守る」と寄り添ったのが及川さん。ですが、この出来事で大切な人と支え合って生きていきたい、と結婚に踏み切ったのではと思われます。

こうして愛を育んだお二人ですが、及川さんからアプローチをしメールアドレスを交換して食事に誘うなど徐々に距離を縮め、約1年の交際を経てゴールイン。しかし、結婚から約7年後の2018年11月、檀さんは及川さんと連名で報道各社へファックスを送り離婚を発表しました。

離婚理由については、「お互いの仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなくなった。」とのこと。お互い売れっ子ですから、夫婦として生活していくのは難しかったのかもしれませんね。

子供ができなかった理由は?

お二人の間に子供はいません。子供ができなかった理由に関しては、結婚時の年齢や不妊だった説、子供が欲しくなかったなど様々な説があります。

一般的に妊娠しにくくなる年齢は、男女ともに35歳からと言われています。結婚時、檀さんは39歳、及川さんは42歳とすでに妊娠しにくくなる年齢を過ぎていたので、仮に子供が欲しかったとしても作れなかったのかもしれませんね。

ちなみに檀さんは、現在も再婚していません。こちらは、母親が再婚したことに関連があるのではと言われています。

檀さんが宝塚歌劇団に入団する頃、すでに両親は離婚。その後、母親は再婚しています。

再婚相手である継父はとても優しく、継父を支えに頑張っていた時期があったとか。檀さんをいつも応援してくれていたそうです。

ところがその継父は、交通事故で他界。現在も、いたるところに継父の写真が置いてあるとのこと。

血は繋がっていなくても、継父のことをとても慕っていたのですね。

宝塚時代にいじめられていた?

1992年の入団から2005年の対談まで宝塚女優として活躍し続けた檀さん。しかし、宝塚時代いじめに遭っていたという噂もあります。

2013年に放送された『出張!徹子の部屋』に檀さんと宝塚のOGの方が出演した際、宝塚時代の檀さんの先輩にあたる真琴つばささんが、檀れいさんをいじめによって泣かせたことがあることを暴露していました。

檀さんは「そんなことないです」と否定したものの、週刊誌にもいじめは報じられています。

いじめについては多くを語られていませんが、宝塚OGの方の中には「嫉妬等があった」という話もしていることから、いじめが全くなかったとは言い切れないのかもしれません。

関連記事→檀れいはハーフ?国籍が中国説の真相を調査!宝塚退団理由や年収も

また、宝塚時代にはバッシングを受けていたという話も。檀さんは、宝塚音楽学校に短い準備期間で受験に臨み合格したため、ダンスや歌が周囲の人やファンから「ヘタ!」といわれることもありました。

1999年に初めてトップ娘役となった時、当時トップ娘役には歌とダンスが上手い千紘れいかさんが就くものと思われていたため、檀さんの抜擢には多くの人が驚いたそう。このことにショックを受けた千紘れいかさんは、密かに劇団四季のオーディションを受けて宝塚を電撃退団してしまうという出来事も。

結果的に檀さんが千紘さんを退団させたといわれるようになり、これが原因で内外からバッシングや嫌がらせを受けることになったのです。嫌がらせの内容は、ファンレターにカミソリが入っていたり、ファンに足を引っかけられたこともあったとか。

さらに、宝塚内では誰からも食事に誘われず、孤独な日々を送っていたのだそうです。宝塚時代からずっとトップ女優として活躍している檀さんですが、裏ではこのような苦労があってなんて驚きですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク