スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハケンの品格【祝】東海林が本社復帰!でもまた旭川に戻る…?

スポンサーリンク

ついに「ハケンの品格」にくるくるパーマこと東海林(大泉洋)が旭川から本社に戻ってきました。

やこれはめでたいですね。やはり、「ハケンの品格」は東海林と大前春子(篠原涼子)の掛け合いあってこそ。この2人の掛け合いが面白いです。

むしろ、これまでは東海林が復帰するまでの序章だったのではないかとすら感じました。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「ハケンの品格」東海林が旭川から本社復帰

13年ぶりに東京本社に戻っってきた東海林。東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようとしており、ダイエット効果を証明するデータと100人の女性達のアンケートを持って旭川から帰ってきたのです。

ところがダイエット効果のデータ改ざんが疑われた上に、「黒豆ビスコッティ」を作る会社の倒産危機まで発展。

東海林さん、本社復帰したはいいけどなんとなく旭川に戻ってしまいそうなフラグが立ってますよね。。

関連記事→ハケンの品格 くるくるパーマのパワハラ問題~2020は作風一変?
関連記事→ハケンの品格2020は東海林ロス?社長との関係や結婚相手も気になる
関連記事→ハケンの品格 時代遅れな設定どう乗り切る?蕎麦屋閉店はコロナ禍反映か
関連記事→【ハケンの品格】正社員の副業はアウト?井手くんかわいいけど…
関連記事→ハケンの品格 セクハラ問題は時代錯誤?人事部主任は処分された?

そもそも今回の「ハケンの品格」が決定した際、大泉洋さんは舞台(「ART」)の仕事がすでに入っていました。そのため当初から旭川にいるという設定で特別出演という形での出演が決まったのですが、「ART」がコロナの影響で中止に。

5話以降の展開は「ART」中止を受けて作られたものかもしれませんが、7月より「大地」という別の舞台に出演。結局、舞台と掛け持つことになります。

スケジュール的にドラマと舞台を掛け持つのは厳しいですよね。

いずれにしても、「ハケンの品格」は大前さんとくるくるパーマの掛け合いが魅力だと思いますので5話には相当期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク