スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハケンの品格 大前春子はなぜ演歌歌手に?最終回の評判まとめ

スポンサーリンク

2020年8月5日に放送された「ハケンの品格」最終回。コロナの影響から放送開始が遅れたため、若干早めの最終回となりました。

最終回は、里中(小泉孝太郎)のプロポーズや独立、東海林(大泉洋)のクビ問題などがポイントだったかと思いますが、ラストは予想外の展開となりました。

最終回の評判をまとめてみます。

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「ハケンの品格」最終回の評判

S&Fをクビなってしまった大前春子(篠原涼子)でしたが、ラストではまさかの演歌歌手へ転身!

うーん、唐突すぎましたね。里中の店に新人の演歌歌手が来るってなった時点でそれが大前春子であることは予想つきましたが、なぜ演歌歌手に転身!?って感じですよね。

演歌歌手になりたかったなんてセリフもありましたが、大前春子が演歌歌手に憧れていたなんて設定や展開は2007年のシーズン1を含めてもありませんでしたし、何より大前春子がこんなあっさりハケンを辞めてしまうという展開に何の説得力もなかった気がします。

そもそも、大前春子がクビになったこと自体、かなりあっさりしてましたし。。

まぁそこは放送回数が短縮され他関係からちゃんと描く時間が足りなかったのかもしれません。ただ、最終的にただのギャグドラマとなてしまった印象でした。

関連記事→ハケンの品格 東海林が派遣をリストラ?社長の会社の立て直しの狙いは
関連記事→ハケンの品格【祝】東海林が本社復帰!でもまた旭川に戻る…?
関連記事→ハケンの品格 くるくるパーマのパワハラ問題~2020は作風一変?
関連記事→ハケンの品格2020は東海林ロス?社長との関係や結婚相手も気になる
関連記事→ハケンの品格 時代遅れな設定どう乗り切る?蕎麦屋閉店はコロナ禍反映か
関連記事→【ハケンの品格】正社員の副業はアウト?井手くんかわいいけど…
関連記事→ハケンの品格 セクハラ問題は時代錯誤?人事部主任は処分された?
関連記事→【ハケンの品格】宇野部長は何故うざい?人気キャラの定義とは

ちょっと、いやだいぶ腑に落ちない最終回でしたね。。

まぁでも、東海林が後半がっつり出番があったことは救いでした。むしろ今回の「ハケンの品格」は東海林が主人公と言っても過言ではないくらい東海林がキーパーソンになっていたと思います。

まとめ

時代錯誤の印象は最後まで完全に拭うことはできませんでしたし前作が評判よかっただけに物足りなさを感じられた方も多かったかが、「ハケンの品格」は大前春子と東海林のやり取りが醍醐味。大泉洋さんの出番がなければ2020年版の評判はもっと下がっていたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク