スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハケンの品格 東海林が派遣をリストラ?社長の会社の立て直しの狙いは

スポンサーリンク

2020年6月17日よりスタートしたドラマ「ハケンの品格」。

東海林(大泉洋)が4話から本格的に参戦しました。しかし、宮部社長(伊東四朗)が東海林を本社に呼び寄せた理由は、彼をリストラ宣告役にしたいのでは。。

これはリストラの嵐の予感がしますね。。

出典:https://twitter.com/haken_ntv/

スポンサーリンク

「ハケンの品格」東海林が派遣をリストラか

社長から会社の立て直しを任された東海林。東海林は長い間本社にいなかったため、人間関係のしがらみがないということからの指名でした。

重要な役割を言い渡され一旦は張り切るようですが、恐らくこれはリストラが最終的な目的ではないでしょうか。それも、派遣社員を中心としたリストラ計画。

社長が派遣社員をよく思っていないことは初回から判明していただけに、そんな気がしてなりません。

つまり…東海林が派遣を次々とリストラし、会社を正社員中心に立て直す!?

東海林の本社復帰は嬉しいですが、不穏な予感がしますね。これは、東海林にとってこれまでで最もつらい決断になる予感がします。

関連記事→ハケンの品格【祝】東海林が本社復帰!でもまた旭川に戻る…?
関連記事→ハケンの品格 くるくるパーマのパワハラ問題~2020は作風一変?
関連記事→ハケンの品格2020は東海林ロス?社長との関係や結婚相手も気になる
関連記事→ハケンの品格 時代遅れな設定どう乗り切る?蕎麦屋閉店はコロナ禍反映か
関連記事→【ハケンの品格】正社員の副業はアウト?井手くんかわいいけど…
関連記事→ハケンの品格 セクハラ問題は時代錯誤?人事部主任は処分された?
関連記事→【ハケンの品格】宇野部長は何故うざい?人気キャラの定義とは

そもそも東海林が派遣をよく思っていなかったのは、派遣の存在により自分と苦楽を共にした正社員がリストラされてしまったからというのが「ハケンの品格」(2007年)で明らかとなっています。今回、その派遣をリストラすることになるとある意味その時の仇を取ることにもなるわけですが、大前と出会って派遣に対する考え方は変わっているはず。

「ハケンの品格」にはやはり東海林と大前の掛け合いあってこそですよね。それだけに、今後の行方が気になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク