スポンサーリンク
スポンサーリンク

【教場】theキムタク遂に卒業?木村拓哉の新境地!不気味さが評判

スポンサーリンク

2020年新春ドラマ「教場」。木村拓哉さん主演で、1月4.5日に放送されます。

木村拓哉さんというと、「ビューティフルライフ」や「ロングバケーション」のようなトレンディードラマのイメージが強いですよね。所謂ヒーロー的存在の役柄が多く、「何やってもキムタク」とも言われてきました。

しかし、今回の「教場」で演じた風間公親はこれまで彼が演じた役とは一線を画す役柄で評判となりました。

出典:https://kisetsuneta.info/article/kyojo.html

スポンサーリンク

theキムタクではない木村拓哉の演技

「教場」で木村拓哉さんが演じる風間公親は、警察学校の共感。冷酷無比な教官で、問題ある生徒を学校に置いておく訳にはいかないという考えから、生徒にスパイさせて学校内で起きている問題を知るというぶっとんだ人間です。

もちろん、あくまで問題ある生徒を警察にさせてはいけないという信念あっての行動ですからただのヤバい奴ではありません。しかし、風間教官は警察を相当恨んでいる様子。風間教官がこのような人間になったのには警察に関わる大きな理由がありそうですね。

つまり、風間教官には深い闇があります。

そのため、ドラマの中で風間教官が笑うシーンは皆無。とにかく不愛想で目がこわいです。

関連記事→木村拓哉 かっこいい名シーンを生んだ歴代ドラマまとめ!名言も
関連記事→木村拓哉の人気ドラマNo.1は?名作たちの視聴率ランキング!
関連記事→木村拓哉の生い立ちは壮絶!父もシェフ?中学時代やアメフト選手の弟の実力も
関連記事→グランメゾン東京 尾花が店を去る理由予想~三ツ星獲得がポイントか
関連記事→グランメゾン東京 リンダの復讐心は平古への嫉妬から?尾花を愛してた証拠か

問題を察知する鋭さなどはこれまで木村拓哉さんが演じてきた「キムタク」な要素があるものの、風間教官のキャラはその「キムタク」的役柄とは全然違いました。

「教場」の評判は?

このように、「教場」での木村拓哉さんの演技が評判となりました。

木村拓哉さんと言えば「グランメゾン東京」でこれぞキムタクな役を演じていましたね。その直後だっただけに、「教場」での風間教官とのギャップがより感じられました。

とにかく笑わない不気味な風間教官、すごくいいです。風間教官がどうして今のやり方になってしまったのか?もとても気になりますね。

関連記事→【教場】平田の豹変に林遣都の真骨頂をみた!演技力の高さを痛感
関連記事→【教場】沙織はなぜ罪に問われない?傷害罪か殺人未遂だと思うけど…

個人的には、いかにもキムタクと言われるような役も好きですが、今回の「教場」の風間教官もいいと思いました。悪役寄りの役だと「検察側の罪人」も印象的でしたが、不気味な風間教官は世間のキムタク像を完全に封印できたのではないでしょか?

演技力がが評判となった「教場」、木村拓哉さんの新たな代表作となりそうです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク